資格試験の勉強している人は忙しい人が多いものです。なぜか、忙しい人に限って資格の取得を目指したり、何らかの事情により取得しなければならないことがあります。

忙しい中で資格の勉強をする場合、他の人に比べて勉強時間が限られているということが前提になります。この場合、自宅(家庭)でしか勉強できないというようなことは言っていられません。

いつでも、どこでも勉強ができるようにしておく必要があります。つまり、隙間時間を有効活用して、移動中などに勉強する訳です。

もちろん、車を運転しているような状況の中ではいくら移動中といっても危険ですから、ここでは電車による移動やちょっとした空き時間を有効に活用する方法を考えてみます。

まず、自宅(家庭)の方が勉強が捗るという人もいれば、逆に家に帰ると子供がうるさいなど理由で勉強が捗らない人もいます。いずれにしても、多くの人は自宅での勉強が中心になります。

この場合、自宅と移動中に上手く勉強内容をリンクさせることがポイントです。最も効率の良いのは、自宅で勉強した内容を移動中に復習する方法です。

具体的には、昨日自宅で勉強した内容について、次の日の朝あるいは昼の時間や移動中のちょっとした隙間時間(空き時間)に復習を行う。こうすることで、脳に同じ信号が続けて2回流れますから、記憶に残りやすくなります。

勉強の基本は記憶することです。そして、記憶は繰り返すことでより強固なものとなります。是非、移動中などの隙間時間を有効活用してみてください。勉強は自宅以外でもできるようになっておくと、後々非常にメリットがあります。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ