資格試験の本試験日は決まっています。本試験日は動いてくれません。ですから、本試験日までにしっかりと勉強を一通り終えて、調整を行っておく必要があります。

そして、本試験の時間も決まっています。本試験の時間は延長されることは一切ありません。自分にとって簡単な問題が出題されていたとしても、時間がなくなって解く事ができなければそれで合格から遠ざかってしまいます。

あともう少し時間があれば全部できたのに!は資格試験の本試験では通用しません。しかも、時間切れというのは非常にもったいない話なのです。ですが、このような状況を招いてしまうことは実は少なくありません。

本試験と言うのは普段できることが普通にできなくなる場なのです。極度の緊張や不安など、精神的に通常のレベルを維持することは困難です。ですから、いつもできることが本試験の場ではできなくなってしまう、ということは普通にあり得ます。

これを回避するためには、日頃からしっかりと時間間隔を意識しておく必要があります。具体的には、過去問を本試験の時間と同様の時間を設定して解いたり、問題集などを時間通りに行うなど、時間と言う意識を日頃から持っておくことが必要です。

本試験でどうしても緊張しそうな人は、資格学校などが実施する公開模擬試験などに参加するのも一つです。模擬試験では予想問題なども出題され、得点もフィードバックされますので、オススメです。どのような受験生が自分と同じ資格試験を勉強しているのか、そんな様子を見ながら擬似的な本試験を体感することもできます。特に、独学の人は時間を計って問題を解くという機会が少ないので公開模擬試験などに参加することはおすすめです。

時間間隔というのは慣れの部分が大きいですから、まずは時間を意識すると言うことを習慣化してみてください。それは、今日は何時まで勉強する!と決めて、その時間まで集中して勉強するなど、いろいろな方法で使うことができます。全受験生に完全平等に与えられているものが時間です。時間を有効に使うことができれば、資格試験には有利なのです。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ