資格試験と聞くと、「難しい」というイメージがあるかも知れませんが、必ずしもそうではありません。しっかりと正しい勉強方法によって勉強を行うことで短期間で合格することは可能です。

最近では勉強方法も多様化しており、資格試験で言えば資格学校の通学講座、通信講座、通信教育なども充実しています。

資格試験以外でも、知識を習得する方法は多様化しています。従来では、本を読んで知識を習得するのが一般的でしたが、最近ではビジネスセミナーなども全国各地で行われています。また、インターネット学習などもかなり身近になってきました。

資格試験の場合、目的が明確です。資格試験を目指す動機の内容は皆それぞれですが、ゴールは基本的に合格に設定されます。だからこそ、がんばることができると言うことも言えます。

ビジネススキルを上げる、知識知見を増やすという場合には、必ずしも資格試験を目指す必要はありません。しかし、例えば「簿記の知識を身に付けよう」と思って本を買っても、結局は書棚の肥やしというケースが散見されます。これは、ゴールが明確になっていないからなのです。

どうせ知識を習得するのであれば、得たい知識と関連した資格試験を受験すると良いです。例えば、簿記の知識であれば「日商簿記検定」を受験するという選択肢があります。

簿記の合格をイメージすれば、単に知識を得たいということを少し踏み出して、より勉強にも身が入るでしょう。また、日商簿記に合格するためにはある程度の計算などの訓練をする必要があります。しかし、この訓練を通じて、より強固な知識を得ることができ、本当に自分のものとして長期的に記憶することも可能となります。

ビジネスマンは忙しい中、さまざまな知識を習得し、スキルアップを目指すことを要求されています。ただ単に勉強するよりは、資格試験を目指すということを行うことで、より強固な知識、そして、合格証書という形をも残すことが可能となります。その意味でも、資格試験の受験は大変オススメと言えます。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ