受験勉強と言えば、受験生が紙に「資格試験合格!」の文字を書いて、部屋の壁などに貼っているシーンがあります。これは、気休めではなく実は本当に意味があることなのです。

自分の目標をしっかりと明示して紙に書く。そうすることで、自分の意識の中に目標が刻み込まれます。これによって、普段から「合格」に向けて自分の潜在意識が活動を始めます。

「紙に書いたことは実現する」こんなことはあり得ない。こんなことは迷信だ。そんなことをやったところで無意味だ。そういうことを行っている人に限って、実際に自分の目標を紙に書くということはやっていません。やらなければ結果は出ないのは当たり前です。「宝くじなど当たるはずがないから買っても仕方ない」と言っている人は当たるはずがないのです。

資格試験に限らず、ビジネスなどで成功しているほとんどの人は、目標などを紙に書くということを有効に活用しています。それはなぜかと言うと、効果があることを知っているからです。

だとすれば、紙に書くとなぜ合格できるのか、どうして成功できるのか?ということを論理的に考えるよりも、とりあえずやってみると言うことの方が重要ではないでしょうか。実際にそのようにして成功している人が数多く存在していることは事実ですし、何のリスクもないわけです。

成功した人から学ぶということは、特に初学者の人は受け入れやすいのですが、上級者と言われる受験経験者ほど素直になれないようです。効果が既に実証されている最も簡単で最も効果がある方法。どの勉強方法よりも、価値のある方法です。目標を紙に書く、是非実行してみてください。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ