資格試験を受験している受験生から多い悩みとして、「記憶力が悪い」というものがあります。これは、女性の資格試験受験者からもよくある相談のようです。

その場合、そもそも聞きたいのですが、「誰と比較しているのですか?」。このような問いに対する回答は、隣のAさんなどという回答があります。

では、そのAさんは覚える努力をどのくらいしたか聞きましたか?

ここが肝心な点です。Aさんの覚えた結果だけを抜き取って見てみても、Aさんがあなたよりも記憶力が良いということにはなりません。例えば、Aさんとあなたが全く同じ条件で勉強をして、Aさんの方が記憶している量や確度が高いのであればAさんはあなたよりも記憶力が良いと言えるかもしれません。

しかし、おそらくAさんはあなたの数倍の努力をしているのではないでしょうか。あなたが1回しかやらないところを、Aさんは3回~5回やっているのではないでしょうか。ただし、Aさんにそれを尋ねても本当のことを教えてくれるとは限りません。人と言うものは、勉強をしている事実をできるだけ隠そうとします。昨日は全く勉強できなかったよ~と言いながら充血した目のAさんがいるかも知れません。

そもそも、人間の記憶力はそれほど大きくは変わりません。記憶力が高い人と言うのは、繰り返し継続して覚える訓練、すなわち勉強をしているから記憶力が高いのです。つまり、裏で努力しているわけです。

記憶力が悪いと悩む前に、繰り返し覚えるための訓練をしてみてください。嫌になるほど繰り返せば、どんなに記憶力が悪いと信じ込んでいる人でも自動的に覚えることができます。

合格者はそれができる人なのです。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ