資格試験は回を重ねるごとに難易度が高くなっていきます。法律系の資格試験であれば、法改正を受けて勉強する内容が複雑化してきます。旧法と新法の両方を押さえた上で、かつ、両者の違いを明確にしなければならないなど、少し法律が変わるだけで勉強量が飛躍的に増加する可能性があります。

社会保険労務士試験では、厚生年金や国民年金が本試験で出題されますが、ご存知の通り年金は制度が複雑になりすぎて、受験生には極めて負担になっています。

一方、昔の本試験問題をみればよく分かりますが、どの資格試験も現在の内容と比べれば比較できない程難易度は低いものとなっています。

もちろん、昔と今の難易度を比べることにそれほどの意味はありませんが、今年よりも5年後の試験の方が難しくなっている、と言うのは事実として言えそうです。

そうだとすると、過去に戻ることはできませんが、5年後ではなく今受験すればそれほど難しくならないうちに受験することが可能であり、要するに早く受験して合格しておいた方が得ということです。

資格試験の勉強はいつでもできるわけではありません。金銭的にも、環境的も、時間的にも、さまざまな要素が揃わなければなかなか進めることはできません。ですから、「やろう!」と思ったときが本当に勝負となります。

先延ばしにすることで、試験勉強の範囲が増えてしまう。さらに、1年でも早く合格することで、そこでは機会ロスをなくすこともできるのです。機会ロスとは、本来得られるメリットが得られなくなることで、資格試験の場合には合格した段階から様々なチャンスが広がるため、この機会ロスは意外と大きいのです。

例えば、今年合格すれば、仮に副業としてその資格を活用したとすると3年後には結構良い収入になっています。しかし、3年後に合格したとしても、それまでの3年間は何の収入も得ることができません。

どうせ勉強するなら早くした方がいろいろと「得」というわけです。

まずは資料を請求してみると良いでしょう。こちらがオススメです。

通信講座で資格を合格取得する方法

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ