自分が目指す資格試験が難易度が高いということもあると思います。もちろん、いきなりの挑戦でそういった難易度の高い資格試験に合格することは不可能ではありません。

しかし、まずは自分が自信を持って勉強を開始することができる体制を整えておく方が、有利なのは明らかです。

その時に考えたいのが、まずは比較的短期間で取得しやすい資格・検定を受験すると言う方法です。

例えば、日商簿記1級を欲しい場合には、その下位級の2級や3級から受験する。もちろん、いきなり1級を受験して合格を狙うことも可能ですが、まずは2級や3級を受験して合格することで自信を手に入れる。

中小企業診断士などであれば、同様に簿記・会計の知識は必須になりますので、日商簿記2級をまずは取得する。もちろん、3級からでも構いません。ビジネス実務法務や、情報処理系の勉強も役に立ちます。

このように、難易度の高い資格試験には必ずその資格試験に関連した下位にあたる資格試験が存在します。

行政書士や司法書士であれば、宅地建物取引主任者(宅建)が最適ですし、公認会計士であれば日商簿記1級が良いでしょう。

そういった比較的難易度のやさしい資格試験でまずは自信を持つ。これは、単に精神的な自信だけではなく、「自分流の勉強方法」を確立することにもなります。どんなに難易度の高い資格試験であっても、結局は分量が多いだけで、勉強の方法は変わりません。

自分が合格した勉強方法を分量多く、そして継続して続けることで、難易度の高い資格試験に合格することができるのです。

まずは、比較的勉強しやすいものから始めてみる。これはオススメの方法ですし、これだけでもとりあえず資格は1つ取得できることになります。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ