資格試験に合格するために最も重要な問題は何か?と聞かれれば、それは「過去問」以外にはありません。

「過去問に始まり過去問に終わる」という名言も資格試験には存在しています。

要するに、過去問題をいかに解くことができるかで資格試験の合否が決まるとぃうことなのですが、その理由は簡単です。

どのような資格試験であっても、出題構成を見ると「過去問題がベース」になっています。ベースと言うのは、いわゆる合格ラインに相当する程度の出題を占めている。

つまり、過去問題をしっかりと解いておけば、それだけで合格することができる資格試験が多いということです。例えば、宅地建物取引主任者や社会保険労務士試験などはほとんどが過去問題から構成されています。

もちろん、過去問題がそのまま同じように出題されるということはありませんが、ほとんど似たような問題が出題されることになります。

だとすると、いきなり過去問から勉強を開始するのが最も効果的であるということがいえるのです。

通常であればまずは基礎を理解して、次に応用、そして過去問などと進むことをイメージしている受験生が多いように思えますが、順番に決まりなどありません。

短期で合格を狙うのであれば、いきなり過去問から攻略を始めても何の問題もないのです。

ただし、この方法は前提知識がないまま進むことになりますので、過去問には丁寧に書かれた解説が必要です。

過去問を購入するときには、過去問題の解説がどのくらい丁寧に書かれているのかをしっかりと確認・吟味してから選ぶと良いでしょう。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ