資格試験にはさまざまな種類があり、試験形式もいろいろなものがあります。

資格試験の代表的な試験は「筆記試験」ですが、それ以外にも「実技試験」や「面接試験」「口述試験」などさまざまな試験形式があります。

一般的な試験であれば筆記試験で終わりです。筆記試験だけで終わる試験は、どちらかというと知識を問うもの。つまり、試験で問う内容についってしっかりと理解しているかどうかが試されることになります。

一方、口述試験は知識を口頭で説明させて、しっかりとした理解をしているかどうかを問うもの。

そして、結構大変なのが面接試験で、知識以外の人物的なことを総合的に見られる試験、それが面接試験なのです。

面接試験が実施される試験では、「人とのコミュニケーション能力」が必要な資格試験などに多く見られるようです。

面接試験が導入されている資格試験は「難関資格試験」と呼ばれているものが大多数です。

それ以外にも、公務員試験(公務員試験は全て面接試験あり、教員採用試験も同様)では全ての試験で面接試験が導入されています。

公務員試験は就職試験と同様の性格だと考えれば、当然といえば当然ですが。

いずれにしても、人が人を評価するというのはなかなか厄介なことではあります。

一方、それを通過しない限りは合格はないわけですから、やはりしっかりとした対策が望まれるといえるでしょう。

面接試験も模擬面接対策などの場数を踏むことで合格に近づくことがもちろん可能です。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ