資格試験では、合格率の発表を行う際に、付随資料として合格者属性を発表することが増えてきています。

この合格者属性では何がわかるかというと、合格者のさまざまな情報について理解を深めることができるのですが、そこで面白いことが見えてきます。

それは、合格者の男女別を見ていると、ほとんどの資格試験で「女性の方が合格率が高い」という事実です。

一般に、特殊な資格試験を除いて、やはり男女比でいえば男性の方が資格試験受験者として多いのです。しかし、合格率という観点でいえば女性の方が高くなる。

ここから何が分かるかといえば、女性の方が資格試験には合格しやすいということなのです。しかし、もう少し深く考えていくことが必要でしょう。単に女性の方が合格しやすいというのでは理由になりません。

その場合、やはり本気度の違いがあるでしょう。男性の場合、強制的に受験をさせられていたり、あるいは、とりあえず受験してみるという人が多いのです。事実、おそらくどの資格試験でも半数以上はお試し受験であるといわれています。

しかし、もともと女性は受験者が少ないこともあって、そういった意識の低い人は初めからいないと想定されます。

また、女性受験生は少ないので、本試験でゆっくりと受験することができるというのも一つのメリットであるといえますね。

ただし、本試験会場でのトイレは要注意です。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ