今年も就活の時期。

電車などで就職説明会などに参加しているだろうリクルートスーツ姿の学生(就活生)を見かけるようになりました。

就活というのは、就職活動の略であり、その中身は就職試験です。就職試験ですから、資格試験同様に受験のコツがあります。就活試験では、筆記試験などもありますが、やはり最も重要になるのは面接試験。

ということで、面接試験対策はたいへん重要なものですが、一つ注意をして欲しいことがあります。それは、面接試験では中身も大切ですが、外見も見られているということです。

社会人であれば第一印象というものがビジネスを行う上で極めて重要であるということは理解していますか?社会人に求められる最もコアなスキルはコミュニケーションスキルなのですが、そういったコミュニケーションを築く大前提として「第一印象」は大切なもの。

第一印象を決めるのは、外見ですが、特に就活生はスーツなどがポイントです。特に、スーツをどう着こなすかということは興味深いところですが、その答えは「普段からスーツを着る」ということです。

スーツというのは不思議なもので、普段から着用している違和感がないのに、普段はジーンズを着ている人がスーツをたまに着用するとやたらに違和感を覚えるものです。

リクルートスーツに着られるのではなく、スーツを着こなすようにして欲しい。就活対策として、スーツを普段から着ることも就職試験対策の一つなんだということを知っておいてください。

ガリガリ適正試験などの筆記試験対策を行うが就活対策ではないのです。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ