就職試験といえば、企業によって行われる試験が異なるなど、なかなか対策が難しいという意見があります。

しかし、試験である以上は「合格する方法(内定を取る方法)」が存在します。それは、資格試験と何ら変わるものではありません。

まずは、就職試験とはどのようなものなのか、全体像を把握するところから始めることがポイントです。いきなり、SPI対策や面接試験対策を行っても意味がありません。そうではなく、SPI、適正試験、面接試験などがどういう意味・位置付けなのかを十分に理解する必要があります。

特に、これから初めての就職活動を行う学生であれば、より就活の全体像及び就活の流れを知るということを重要視してください。資格試験の場合でも、過去問を分析して、どのような問題が出題されているのか?そういったアプローチから勉強を始めるのがセオリーです。

そういった全体を見ずに細かな対策を始めても大きな成果を望むことはできません。実際、そういった就活生が多いので、むしろ、チャンスと考えると良いでしょう。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ