就活シーズンの天王山。

2月からいよいよ会社説明会などを経て、順次就職試験が実施されていきます。就活というのは、人生の中でも大きな試験の一つ。

資格試験を武器に積極的に企業にアプローチする就活生もいるでしょう。しかし、取得した資格試験をアピールすることができるのは、あくまで「個別面接」での話。

個別面接まで進むことができなければ、いくら資格合格をアピールしたいと思ってもそれは叶いません。つまり、せっかく取得した資格を就活に活かす(企業にアピールする)のであれば、個別面接までコマを進めることが必要です。

一方、個別面接以上に厄介だ!と内定者が口をそろえて語るのが「グループディスカッション」試験です。

グループディスカッション試験(GD試験)とは、企業からすれば「コミュニケーション能力を見る」という大義名分のもとで行われる、いわば「足切り試験」なのです。

なぜグループディスカッション試験が難しいかといえば、面接官(試験官)は何も口を挟まないことがほとんどであり、要するにグループとして放置されるわけです。そのグループの取り組み具合を遠くから面接官が見ていて、評価をされるという、なんともやるせない試験。だからこそ、内定者であっても決定的な対応策が見い出せずに苦労したということなのです。

しかし、そういったグループディスカッション試験でももちろん攻略方法はあります。

詳しくは「就活グループディスカッション完全攻略」に譲りますが、面接官が何を考えて評価をしているのかという基準を知れば良い。そして、それはあくまで他の受験生との相対評価(相対評価基準)で行われているということも前提に置いておくと良いでしょう。

さあ、いよいよ2月から始まる就活天王山。是非、取得した資格合格を活かすためにも、まずはグループディスカッションの突破口を開いていきましょう。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ