国家公務員試験が他の公務員試験に先行して実施されています。

これは毎年のパターンで、国家公務員試験の後に、県庁などの地方公務員試験、その後は各市町村の地方公務員試験が実施されていくことになります。

国家公務員試験は平成24年度から改正されることが以前から決まっていました。

その胆になる部分は、【人物評価重視の傾向】というものです。今までのように、筆記試験で高得点を取って、面接試験では普通にこなすという戦略はなかなか通用しないかも知れません。

そんな国家公務員の総合職(国家Ⅰ種)の第一次試験合格発表が先日行われました。細かい情報発表はまだですが、昨年並みの推移であると想定されます。

しかし、今年は国家公務員の削減話が花を咲かせていたということもあり、面接試験では狭き門になるということが予想されます。

面接対策の重要性は今まで以上に高くなると考えて間違いないでしょう。

なお、国家公務員の面接対策は、地方公務員の人物重視の対策と同じように、「志望動機の確立」が最大の肝です。

志望動機が中途半端では勝負になりませんので、自分のことを整理して未来に繋げるということを早い段階で行う必要があるでしょう。この辺は、民間企業の就職試験と同じであると考えることができます。

実際に合格した人のHPは参考になります。

国家公務員の志望動機作成法

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ