資格試験の勉強をしていると、いろいろとやらなければいけないことが目立って、むしろ何も手につかなくことがあります。

そんな時こそ、基本に戻って、今までやってきたことを振り返ってみることが大切になります。

確かに勉強をしていると、無限にやることがあるような錯覚に陥ることがありますが、そこを落ち着いてみる。

例えば過去門を見てみれば、出題されているところは極めて限定的であるということに気づくでしょう。

あるいは、広い範囲から出ているけれども、実際には限定された部分だけをしっかりと勉強することで、十分に合格することができるということにも気づくことができるはずです。

100点を目指す必要など全然ありません。

大概の資格試験での合格ラインは60点ぐらいです。

あらためて考えてみれば、半分と少しの点数で合格することができるのですから、淡々と基本的なことをこなしていけばよいということです。

不安になればなるほど、手を広げてしまうような傾向にありますが、そこはぐっと現実を見てみると良いと思います。

勉強する範囲は広いけれど、合格するためにはそれほど広い範囲ではないということに気づくことができるはずです。

 

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ