勉強方法のコラム - のブログ記事

クリスマス、正月、いろいろとイベントがありますが、こういったイベントがあるとなかなか精神的に勉強に専念するのが難しいということもあるでしょう。

実際、周りの人が遊んでいる時期に自分だけが勉強していると言うのは苦しいというのが正直なところでしょう。

一方、何かを得るためには何かを失うということも事実です。

全てを得るというのは現実的ではありません。

人間はできることに限界があり、全てを得ることなどできない。

例えば、今の友人を大切にするということを続ければ、新たな友人を増やすことは難しくなるでしょう。新しい友人との関係を深めるためには、今の友人との時間をある程度失う必要がある。

別れは新たな出会いの始まりでもあります。

つまり、分かれるということは寂しいことであっても、その先には新たな出会いが待ち受けている。ある意味それはそれで非常に楽しみのあるものです。

の続きを読む »

資格試験の勉強をしていると、「自分には合格できるだろうか?」「他の受験生はどのくらい勉強しているのだろうか?」というように、いろいろなことが気になってなかなか集中することができないということがあります。

もちろん、そういったいろいろなことを考える時間も時には必要です。一方、そういった悩みが日増しに大きくなってしまうというのでは少し困ったものです。

悩むことで何かを得ることができるのであればそれはそれで問題ありません。

しかし、資格試験は試験日が決まっていることもあり、あまり長時間にわたって悩んでいるようではどんどん時間が進んでいってしまい、最終的にはやる気がなくなってしまうということもあります。

これではマズイわけです。

悩むよりも問題を一つでも多く解く。その際に解く問題は比較的易しい問題を解くようにする。そうすれば自然と自信が沸いてくるものです。

どんどん前に進んでみてください。結局、やっていけば点数が上がっていくというのが資格試験の勉強です。簡単なことほど実行するのが難しいかも知れませんが、そこをグッとこらえてやっていく。それが合格者に共通していることなのです。

資格試験と就職試験は異なることがあります。

それは、資格試験は筆記試験が中心であり、面接試験はほとんどありません。あるとしても、それは合格を前提とした面接試験であって、人物を評価するということではなく、人物的に問題がないかどうかを確認するというのが趣旨です。ですから、資格試験における面接試験(口述試験など)で不合格になることは滅多にありません。

一方、就職試験では資格試験と逆になります。就職試験では、どれだけ知識を持っているかという学力的な要素も少しは考慮しますが、ほとんどは人物評価が中心です。ですから、就職試験の中心にあるのは、面接試験です。

面接試験と言うのは、なかなか対応が厄介で、これで合格する!とは言いがたい、つまり、テクニックやノウハウはそれほど存在しません。存在したとしても、「志望動機が大切」といったことや、「礼儀正しく」というような精神論に走りがちです。

それも無理はありません。企業によって面接試験で見ることは一律的ではなく、それが結果的に受験生の対応を難しくしているからです。

の続きを読む »

不景気の影響を受けて、独学で資格試験の合格を目指す人が増えています。

それはそれで問題がないのですが、資格学校を活用することの意味とはなんでしょうか?独学でも合格することが出来るのに、なぜわざわざ資格学校に通う人がいるのか。

それは、「時間をお金で買う」ためです。

独学というのは、資格学校に通うことを考えれば安価な金額で抑えることができます。

ただし、これはあくまで資格学校と比較した場合であって、独学だからといってほとんどお金が掛からないということではありません。最低でもテキストや問題集は書店などで購入する必要がありますし、難易度の高い資格試験であれば模擬試験などを受験することも合格するためには必須です。

そして、どのテキストを買えば良いのか、どの問題集が最適なのか、最近の試験の傾向はどうなのか?といった情報を集めるのは基本的に無料です。だから、独学者でも情報を熱心かつこまめに収集すれば集められないことはありません。

しかし、相当の時間を犠牲にします。

資格学校であれば、テキストから模擬試験、出題傾向、などは全てが提供されることになります。

の続きを読む »

たまの休みの日には集中して勉強をしようと思っている受験生も多いでしょう。特に、社会人であればなかなか平日は時間を確保することができません。ですから、土・日などの週末は、1日中勉強をしようと考えたりします。

実際、そうは思っても、ズルズルと勉強ができない時間が過ぎ、それほど多くの勉強はできないものです。朝は少しゆっくり休んで、昼から勉強しよう。昼はたくさん食べたから、少し横になって昼寝をしよう。3時くらいから夜まで一気に勉強しよう。夕方から始めよう・・・なんてやっているうちに、夜になり、そのまま寝てしまう。

普段、仕事で疲れているわけですから、それほど週末にドカッと勉強しようと思っても、そう上手くは行かないのです。これは、別にあなたが悪いと言うことではありません。忙しい社会人が資格試験の勉強をしようと思うこと自体、素晴らしいことですから。

の続きを読む »

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ