資格試験のコラム - のブログ記事

資格試験の勉強などを始める人は、1年のうちに3回のタイミングがあります。

1つは、年初です。1年の目標を正月に立てて、1月から開始していくというパターンですが、これはなかなか続かないパターンが多いですね。

2つ目は、春です。具体的には4月が年度の変わり目ということがあって、ここで気分を一新して勉強を始める人がいます。

そして、3つ目が秋です。9月ぐらいからスタートする人が多いです。

その理由ですが、基本的に資格試験の講座が9月開始というのが多いからです。8月に試験が行われる大型試験に合わせて、9月が新講座の開講となっているわけです。

従って、資格学校の都合もあって、また、勉強の秋というイメージもあって、9月と10月には資格の勉強を開始する人が多いのです。

今年も残り僅か、そうなると来年のことを考えていく人も多いのではないでしょうか。

今年できなかったことを来年に持ち越して、なんとしてもやってみようという人もいれば、今年やろうとしたことが実現できて、次は別のことをやってみようという人もいると思います。

いずれの場合でも、少なくても何かやろうと考えている時点で、前向きで素晴らしいことだといえます。結果はさておき、やってみないことには始まらないといのは事実であって、何もしなければ結局は今のままの自分から変わることもありません。

もちろん、変わる必要はないのですが、少なくても成長していくという実感は欲しいということが本音でしょう。

限られた人生の中で、時間を有意義に使っていく。

資格に限ったことではありませんが、少なくても資格であれば、目標も明確で、ブレることなくその目標に向けて一直線で進むことが可能となります。

やるかやらないかは自分の気持ち次第ということはありますが、少なくても後悔はしたくない。

来年に向けて何をどのようにつなぐのか、そんなことが求めれているのだといえます。

社会人になって会社に入社すると、資格取得制度などを用意している会社も多かった。かったというのは、最近になってそういった制度を用意している会社も増えていますが、それはあくまで大企業が中心で、中小企業ではまだまだ福利厚生の充実化は進んでいません。

というよりも、そんな余裕がないというのが正直なところでしょう。

多くの中小企業では社員の教育にお金をかけている余裕がなかなかないというのが現状です。研修もDVDなどで対応している企業が増えています。例えば、コンプライアンス研修といったような最低限の研修に留めているのです。

そうなると、やはり資格取得というのは会社に頼ることなく、自らが率先して努力していく必要があるということです。

一方、会社に頼っているわけではないとすると、資格取得で得られた知識や合格という事実は、会社をある意味で脅かす(優秀な人材になったという意味で)存在になるともいえます。その時に、会社に貢献することもできますし、会社からすれば自助努力できる人材を高く評価することになるといえます。

 

資格試験では、合格率の発表を行う際に、付随資料として合格者属性を発表することが増えてきています。

この合格者属性では何がわかるかというと、合格者のさまざまな情報について理解を深めることができるのですが、そこで面白いことが見えてきます。

それは、合格者の男女別を見ていると、ほとんどの資格試験で「女性の方が合格率が高い」という事実です。

一般に、特殊な資格試験を除いて、やはり男女比でいえば男性の方が資格試験受験者として多いのです。しかし、合格率という観点でいえば女性の方が高くなる。

ここから何が分かるかといえば、女性の方が資格試験には合格しやすいということなのです。しかし、もう少し深く考えていくことが必要でしょう。単に女性の方が合格しやすいというのでは理由になりません。

その場合、やはり本気度の違いがあるでしょう。男性の場合、強制的に受験をさせられていたり、あるいは、とりあえず受験してみるという人が多いのです。事実、おそらくどの資格試験でも半数以上はお試し受験であるといわれています。

しかし、もともと女性は受験者が少ないこともあって、そういった意識の低い人は初めからいないと想定されます。

また、女性受験生は少ないので、本試験でゆっくりと受験することができるというのも一つのメリットであるといえますね。

ただし、本試験会場でのトイレは要注意です。

これから冬を迎えるわけですが、冬といえば動物の場合には冬眠の時期です。

人間でいうならば、「冬眠=勉強」と言っても良いでしょう。

冬眠というのは、春に備えて蓄えるという意味があります。我々は冬の間に眠っていては仕方ないのですが、次にくる春に向けて何らかの準備をすることは必要です。

その準備が勉強だということです。

実際、年明けから資格の勉強を開始する人は多いものです。冬はまさに勉強のシーズンであるといえます。学生の受験シーズンも冬に行われますし。

あなたも冬は資格の勉強をして春に備えませんか。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ