コラム - のブログ記事

クリスマスを境に、今年は急激に寒くなってきました。

例年、温暖化が進んでいるということを言われながらもやはり冬になるとそれなりに寒いというのが現状です。

ここまで寒いと、「勉強なんてやる気にならない」という声も聞こえてきそうですが、実際には暑いよりも寒いほうが勉強は捗るというのが一般的には言えるのです。

 

夏の暑い時期であれば、寒いとき以上に勉強をするのは困難です。何しろ、頭がボーっとしてとても集中どころではありません。これは、やる気があるとかないとか、そういった話以前の問題です。つまり、どんなにやる気があっても「無理」なのです。

一方、寒さというのはなんとかなります。厚着をすれば耐え凌ぐことは可能ですし、頭がボーとすることもありません。頭というのは少し冷えていたほうが回転も良くなるのです。

夏の暑い時期に、額にアイスノンなどのヒンヤリするシートを貼り付けて勉強を行うと、はかどるという経験を持っている人もいるでしょう。仮にそういった経験がない人でも、風邪で熱があるときに、冷たいものを額にあてるとスーッとして気分的にラクになるという経験は持っているはずです。

それと同じように、少し頭は冷えていたほうが良いのです。

ならば、この寒い時期こそ、まさに勉強に気合を入れるのが良さそうなのです。(まあ、そうはいっても寒い!というのがあるかも知れませんが)

 

資格試験に限らず、勉強をしているとやけに腹が空く・・・そんな経験はないでしょうか?

 

実は、人間というは頭を使うと腹が減る、そんなものです。ですから、高い集中力を発揮して勉強をしていると、気付いたときにはやたらにお腹が空いているということは特段珍しいことではありません。

 

そういった経緯から、「勉強はダイエットに良い」と考えることもできるのです。特に、ダイエットをしている女性には、資格試験の勉強をすることは大変オススメです・・・。(と言っても、お腹が減った分、たくさん食べてしまってはあまり意味がありませんが。余計にふとってしまうということも無きにしも非ずで)

 

脳みその栄養は、「糖分」だといわれています。勉強をしている中でお腹が空いたら、それは「頭が栄養を欲している」ということですから、ガツガツ食べなくても、甘いものを補給すると落ち着きます。

 

オススメは、飴玉や小さいチョコレート。ガムを食べながら勉強しても良いかも知れません。脳みそをフル回転させるためにも、甘いものをできるだけ補給する。

 

コーヒーもブラックよりは、加糖されたコーヒーがオススメです。

 

ちょっとしたことですが、糖分を送り込むと集中力が増すことがありますので、騙されたと思って試してみてください。

資格試験の勉強は長丁場。

だからこそ、いろいろなことが起こります。時には勉強する気が全く起きない、そんなことももちろんあるでしょう。

 

 何も自分を責める必要はありません。

なぜならば、合格者の誰もがそれを経験しています。合格者というのはあなたと違う次元の人たちではありません。あなたと全く同じ人。

だからこそ、悩みもあれば不安もあった。しかし、勉強していたときのプロセスというのは合格してしまえば一気に消え去るもの。その結果、合格者というのはあたかも悩みもなく、黙々と勉強だけに邁進していたように見えるのです。

しかし、それはあくまでそう見えるだけであって、実際にはそんな単純なものではない。

むしろ、やる気がなくなったときこそ、ゆっくりと休むという「勇気」も必要です。

不安や悩みといった葛藤を抱えた状態で闇雲に勉強をしたところで大した成果は望めない。そんなことなら割り切ってしばらく休んでみる。

それで良いのです。

難しく考える必要などないのですから。

クリスマス、正月、いろいろとイベントがありますが、こういったイベントがあるとなかなか精神的に勉強に専念するのが難しいということもあるでしょう。

実際、周りの人が遊んでいる時期に自分だけが勉強していると言うのは苦しいというのが正直なところでしょう。

一方、何かを得るためには何かを失うということも事実です。

全てを得るというのは現実的ではありません。

人間はできることに限界があり、全てを得ることなどできない。

例えば、今の友人を大切にするということを続ければ、新たな友人を増やすことは難しくなるでしょう。新しい友人との関係を深めるためには、今の友人との時間をある程度失う必要がある。

別れは新たな出会いの始まりでもあります。

つまり、分かれるということは寂しいことであっても、その先には新たな出会いが待ち受けている。ある意味それはそれで非常に楽しみのあるものです。

の続きを読む »

資格試験では、合格率の発表を行う際に、付随資料として合格者属性を発表することが増えてきています。

この合格者属性では何がわかるかというと、合格者のさまざまな情報について理解を深めることができるのですが、そこで面白いことが見えてきます。

それは、合格者の男女別を見ていると、ほとんどの資格試験で「女性の方が合格率が高い」という事実です。

一般に、特殊な資格試験を除いて、やはり男女比でいえば男性の方が資格試験受験者として多いのです。しかし、合格率という観点でいえば女性の方が高くなる。

ここから何が分かるかといえば、女性の方が資格試験には合格しやすいということなのです。しかし、もう少し深く考えていくことが必要でしょう。単に女性の方が合格しやすいというのでは理由になりません。

その場合、やはり本気度の違いがあるでしょう。男性の場合、強制的に受験をさせられていたり、あるいは、とりあえず受験してみるという人が多いのです。事実、おそらくどの資格試験でも半数以上はお試し受験であるといわれています。

しかし、もともと女性は受験者が少ないこともあって、そういった意識の低い人は初めからいないと想定されます。

また、女性受験生は少ないので、本試験でゆっくりと受験することができるというのも一つのメリットであるといえますね。

ただし、本試験会場でのトイレは要注意です。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ