初めての方へ - のブログ記事

続けてみる

| 初めての方へ |

資格試験の勉強の基本は、続けることです。

続けることでしか、記憶力を高める方法はありません。

もちろん、記憶力を高める方法論はいろいろとあるのですが、それらも前提として繰り返すことを基本としています。

繰り返すことで、自分の知識として定着する。これは、今までの自分の経験を振り返ってみても納得行くことではないでしょうか。

勉強だけではありません。いろいろなことで同じことが言えます。それを知っているのに、なぜか繰り返すことができない。そこに資格試験に合格することの難しさがあります。

合格者は知っています。

どんなに難しい試験であっても、「繰り返せば必ず合格することができる」のです。頭で理解していてもできない人が多いのです。

の続きを読む »

資格試験は回を重ねるごとに難易度が高くなっていきます。法律系の資格試験であれば、法改正を受けて勉強する内容が複雑化してきます。旧法と新法の両方を押さえた上で、かつ、両者の違いを明確にしなければならないなど、少し法律が変わるだけで勉強量が飛躍的に増加する可能性があります。

社会保険労務士試験では、厚生年金や国民年金が本試験で出題されますが、ご存知の通り年金は制度が複雑になりすぎて、受験生には極めて負担になっています。

一方、昔の本試験問題をみればよく分かりますが、どの資格試験も現在の内容と比べれば比較できない程難易度は低いものとなっています。

もちろん、昔と今の難易度を比べることにそれほどの意味はありませんが、今年よりも5年後の試験の方が難しくなっている、と言うのは事実として言えそうです。

そうだとすると、過去に戻ることはできませんが、5年後ではなく今受験すればそれほど難しくならないうちに受験することが可能であり、要するに早く受験して合格しておいた方が得ということです。

資格試験の勉強はいつでもできるわけではありません。金銭的にも、環境的も、時間的にも、さまざまな要素が揃わなければなかなか進めることはできません。ですから、「やろう!」と思ったときが本当に勝負となります。

先延ばしにすることで、試験勉強の範囲が増えてしまう。さらに、1年でも早く合格することで、そこでは機会ロスをなくすこともできるのです。機会ロスとは、本来得られるメリットが得られなくなることで、資格試験の場合には合格した段階から様々なチャンスが広がるため、この機会ロスは意外と大きいのです。

例えば、今年合格すれば、仮に副業としてその資格を活用したとすると3年後には結構良い収入になっています。しかし、3年後に合格したとしても、それまでの3年間は何の収入も得ることができません。

どうせ勉強するなら早くした方がいろいろと「得」というわけです。

まずは資料を請求してみると良いでしょう。こちらがオススメです。

通信講座で資格を合格取得する方法

資格試験と聞くと、「難しい」というイメージがあるかも知れませんが、必ずしもそうではありません。しっかりと正しい勉強方法によって勉強を行うことで短期間で合格することは可能です。

最近では勉強方法も多様化しており、資格試験で言えば資格学校の通学講座、通信講座、通信教育なども充実しています。

資格試験以外でも、知識を習得する方法は多様化しています。従来では、本を読んで知識を習得するのが一般的でしたが、最近ではビジネスセミナーなども全国各地で行われています。また、インターネット学習などもかなり身近になってきました。

資格試験の場合、目的が明確です。資格試験を目指す動機の内容は皆それぞれですが、ゴールは基本的に合格に設定されます。だからこそ、がんばることができると言うことも言えます。

ビジネススキルを上げる、知識知見を増やすという場合には、必ずしも資格試験を目指す必要はありません。しかし、例えば「簿記の知識を身に付けよう」と思って本を買っても、結局は書棚の肥やしというケースが散見されます。これは、ゴールが明確になっていないからなのです。

どうせ知識を習得するのであれば、得たい知識と関連した資格試験を受験すると良いです。例えば、簿記の知識であれば「日商簿記検定」を受験するという選択肢があります。

簿記の合格をイメージすれば、単に知識を得たいということを少し踏み出して、より勉強にも身が入るでしょう。また、日商簿記に合格するためにはある程度の計算などの訓練をする必要があります。しかし、この訓練を通じて、より強固な知識を得ることができ、本当に自分のものとして長期的に記憶することも可能となります。

ビジネスマンは忙しい中、さまざまな知識を習得し、スキルアップを目指すことを要求されています。ただ単に勉強するよりは、資格試験を目指すということを行うことで、より強固な知識、そして、合格証書という形をも残すことが可能となります。その意味でも、資格試験の受験は大変オススメと言えます。

ようこそ!資格試験マニアの勉強方法へ。

あなたは資格試験に短期間で合格する方法があることをご存知ですか?

「あの人は頭が良いからすぐに合格できたんだ」「あの人は自分とは違うんだ」・・・まるで短期合格者のことをあたかも自分とは全く異なる頭の構造や記憶力を持ち合わせていると考えている人も多いようです。

しかし、資格試験に短期合格を果たした人は、ほとんどの人が普通の人なのです。普通の人が、なぜか短期間で合格してしまう。それはなぜか?

実は、資格試験に合格するためのポイントは簡単なことだったのです。短期合格を実現した人たちの多くは、普通の社会人であり、主婦であり、学生です。あなたと同じように普段は仕事をしていたり、家事をしていたり、同じような境遇にある人ばかりです。

では、なぜ短期間で試験に合格することができたのか。そこには、合格するための仕組みを知っているか、知っていないかの差があっただけなのです。もちろん、短期合格者のほとんどの人がその仕組みには気付いてはいません。むしろ、無意識のうちに合格する仕組みを実行していたと考えることができます。

当サイトでは、資格試験に短期間で一発合格を果たすための、「合格する仕組み」を中心に、様々な資格試験の受験情報なども混ぜながらご紹介していきます。

「合格する仕組み」そのものは至ってシンプルです。しかし、シンプルであるが故に継続することが難しいという問題点があります。この継続することの困難さを克服した人が短期合格を果たしていると言えます。

合格する仕組みを是非マスターして、あなたの受験勉強に活用してください。資格試験だけではなく、公務員試験などのあらゆる試験や受験に通用する仕組みです。

試験とはあくまで知識を問うもの。あなたには、試験をさっさとパスして、より実践的な知識や経験を積んでいただきたいと思います。それでは、あなたも今日から「合格するための仕組み」を有効活用してください。資格試験合格するための仕組みサイトには、あなたの合格をバックアップする情報が豊富にあるのです。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ