各種資格試験 - のブログ記事

資格試験というのも、時代の流れに沿って改訂されることがあります。

最近では、弁護士や公認会計士など大型難関資格試験でも試験制度改正の大きな動きがありました。これは、弁護士や公認会計士を増やすという目的のもと実施されたものですが、その結果といえばあまり好ましいものではありませんでした。

そうなると、資格試験の試験制度改訂というのはあまり良いイメージがないのですが、他の資格試験でも改訂の動きはあります。

 

最近では、販売士検定の3級で試験制度改訂の発表がありました。販売士検定といえば、検定という名前でありながら、主催団体が「日本商工会議所」ということもあって、公的な資格という位置付けです。

今回、3級販売士試験の改訂ポイントとしては、

①試験時間の短縮

②公式ハンドブックの改訂

 

上記のうち、注目すべきは試験時間の短縮です。試験時間の短縮が、合格率にどのように影響を与えるのか、第70回の3級販売士検定は平成24年7月実施ですから、そこでの結果をみてみたいと思います。

上記の、3級販売士検定の試験制度改訂についての詳細は、

第70回(平成24年7月14日実施)販売士検定3級本試験より試験制度が改訂されます

野菜コーディネーターという資格は、前回も取り上げました。

どんどん人気が高まりつつあるようです。

資格といえば、就職や転職などに役立てるという傾向が一般的でした。が、最近は自己啓発的に資格の勉強をする人が増えているという傾向にあります。

野菜コーディネーターというと、イメージ的には女性が受講するというのが納得できるのですが、実は意外にもシニア層の受講も多いようです。団塊世代の退職が続いておりますが、第二の人生として野菜に興味を持つ人もいるでしょうし、あるいは、自らの健康のために野菜や果物に関する知識を増やしたいというシニア層も多いことでしょう。

そんな団塊世代にも野菜コーディネーターは人気だということです。

資格というのは必ずしも「就職・転職」などの武器としてではなく、自分自身の知的好奇心を満たすためだったり、時間を有効に使って知識を増やすことだったり・・・人それぞれいろいろな目的に対応したものであるということを改めて認識させられます。

なお、野菜コーディネーターの詳細は、以下のサイトから無料で資料を請求することができます。写真をクリックするとサイトへ飛びます。

 

 

参考サイト:野菜コーディネーターを目指そう

http://www.xn--dck5ayb4a5a0xdb0502q8e3a.com/

野菜コーディネーターという資格はご存知でしょうか?

名前の通り、野菜や果物のスペシャリストという位置付けですが、この資格が注目を浴びています。

まず一つ目として、健康志向の高まりがあります。健康ブームは長く続いていますが、最近はそれが本物になりつつあります。本当の意味で「健康」を求める人々が、自ら野菜選びや調理を通じて、自分自身で健康を実践するという風潮ができつつあります。

その時に必要になるのが野菜・果物の知識ですが、野菜コーディネーターは調理法までの知識を押さえていることになります。

また、二つ目として「美容」に対する意識の高まりです。これは女性が中心となりますが、食生活を見直すことで美容に対して気をつかうという考え方が高まっています。外からではなく、中からそして自分自身で健康に気遣いながらしかも美容的に美しくなる。そんなときに必要となる知識を野菜コーディネーターでは学ぶことが可能です。

3つ目は震災の影響です。

の続きを読む »

どうせ資格を取るなら役立つ資格が良い、就職や転職に役立つ資格が良い、と思うのは当然です。

就職や転職に絶対的に役立つ資格というのは存在しません。(企業によって求めるものが異なるためです)

しかし、役立つ資格という意味ではいろいろと候補を挙げることができます。

例えば、実務で役に立てたいというのであれば、日本商工会議所が主催している検定シリーズが代表的です。

簿記検定は常に高い人気を誇っています。これは社会人であれば必ず必要になるお金の知識を学ぶためです。日商簿記1級といえば実務界での評価は極めて高いものといえます。

もちろん、それ以外にも販売士検定なども人気の資格です。販売士検定は地味な検定のイメージがありますが、販売だけではなく経営を全般的に学ぶことができるということもあって根強い人気があります。10月5日は2級販売士の本試験が実施されています。

それ以外にも日本には資格試験が2000種あるといわれていますので、あなたにぴったりの資格は必ず存在するでしょう。

資格を選ぶのであれば、資格試験高確率合格法が詳しく紹介されているサイトです。

資格試験にはさまざまな種類があり、試験形式もいろいろなものがあります。

資格試験の代表的な試験は「筆記試験」ですが、それ以外にも「実技試験」や「面接試験」「口述試験」などさまざまな試験形式があります。

一般的な試験であれば筆記試験で終わりです。筆記試験だけで終わる試験は、どちらかというと知識を問うもの。つまり、試験で問う内容についってしっかりと理解しているかどうかが試されることになります。

一方、口述試験は知識を口頭で説明させて、しっかりとした理解をしているかどうかを問うもの。

そして、結構大変なのが面接試験で、知識以外の人物的なことを総合的に見られる試験、それが面接試験なのです。

面接試験が実施される試験では、「人とのコミュニケーション能力」が必要な資格試験などに多く見られるようです。

の続きを読む »

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ