就職試験 - のブログ記事

インターネットの普及は私たちの生活を格段に便利にしています。

一方で、モラルというかITリテラシーというかの欠如によって、社会的な問題も生じるようになってきました。

具体的に多いのは主にアルバイトによる配慮のなさというか、愚行といっても良いかも知れません。

仕事先での不衛生な写真を投稿してみたり、芸能人の買い物したレシートのサインなどを写メで投稿してみたり、どう考えても問題になりそうなことを平気でやってしまう。

その結果、当該個人が責任を追及されるのは当然にしても、その個人=アルバイトを雇用している会社も同様に責任を負うわけです。実際に、そういった問題を起こしてしまった店舗などでは、閉鎖などの措置が行われることも少なくありません。

これらは、現在話題になっているコンプライアンスの問題でもあるといえます。

コンプライアンスについては、コンプライアンス違反事例が詳しいです。

どのようなことがコンプライアンス違反で、それがなぜいけないのか。そんなことは就活においては当然知っていなければならないことですが、ちょっとした気の緩みで問題が格段に大きくなるという事実も知っておく必要があります。

就活シーズンの天王山。

2月からいよいよ会社説明会などを経て、順次就職試験が実施されていきます。就活というのは、人生の中でも大きな試験の一つ。

資格試験を武器に積極的に企業にアプローチする就活生もいるでしょう。しかし、取得した資格試験をアピールすることができるのは、あくまで「個別面接」での話。

個別面接まで進むことができなければ、いくら資格合格をアピールしたいと思ってもそれは叶いません。つまり、せっかく取得した資格を就活に活かす(企業にアピールする)のであれば、個別面接までコマを進めることが必要です。

一方、個別面接以上に厄介だ!と内定者が口をそろえて語るのが「グループディスカッション」試験です。

グループディスカッション試験(GD試験)とは、企業からすれば「コミュニケーション能力を見る」という大義名分のもとで行われる、いわば「足切り試験」なのです。

なぜグループディスカッション試験が難しいかといえば、面接官(試験官)は何も口を挟まないことがほとんどであり、要するにグループとして放置されるわけです。そのグループの取り組み具合を遠くから面接官が見ていて、評価をされるという、なんともやるせない試験。だからこそ、内定者であっても決定的な対応策が見い出せずに苦労したということなのです。

しかし、そういったグループディスカッション試験でももちろん攻略方法はあります。

詳しくは「就活グループディスカッション完全攻略」に譲りますが、面接官が何を考えて評価をしているのかという基準を知れば良い。そして、それはあくまで他の受験生との相対評価(相対評価基準)で行われているということも前提に置いておくと良いでしょう。

さあ、いよいよ2月から始まる就活天王山。是非、取得した資格合格を活かすためにも、まずはグループディスカッションの突破口を開いていきましょう。

資格試験には合格のテクニックがあります。

それは、何も難しいことではありません。
基本的な問題をしっかりと解けること
これだけです。これを実現するために、基本的な問題をしっかりと取捨選択して、繰り返し解く。これが資格試験に合格するためのテクニックです。

択一式試験だろうが、記述式試験だろうが本質は変わりません。もちろん、資格試験の種類が変わっても本質が変わることはありません。

試験である以上、必ずそれを突破するためのテクニックが存在します。

12月より大手企業で就活解禁の影響から、就活試験に関する質問が多くなってきています。

中でも、近年最も奇問であるといわれている「グループディスカッション試験」、練習の機会もなくどうすれば良いのか分からないという就活生が多いようです。

しかし、グループディスカッションも試験である以上、テクニックが存在します。ただし、グループディスカッションは筆記試験ではなく、人物的な側面を評価される試験ですから、対応が難しい。

でも、それは単に就活生の思い込みです。

就活グループディスカッションのコツ

就活グループディスカッションのコツ

就活グループディスカッションのコツでは、全ての就活生が苦手のNo1に常に回答するグループディスカッション突破のテクニックについて紹介されています。

資格試験の勉強のテクニックと同様に見てみてください。

就職試験といえば、企業によって行われる試験が異なるなど、なかなか対策が難しいという意見があります。

しかし、試験である以上は「合格する方法(内定を取る方法)」が存在します。それは、資格試験と何ら変わるものではありません。

まずは、就職試験とはどのようなものなのか、全体像を把握するところから始めることがポイントです。いきなり、SPI対策や面接試験対策を行っても意味がありません。そうではなく、SPI、適正試験、面接試験などがどういう意味・位置付けなのかを十分に理解する必要があります。

特に、これから初めての就職活動を行う学生であれば、より就活の全体像及び就活の流れを知るということを重要視してください。資格試験の場合でも、過去問を分析して、どのような問題が出題されているのか?そういったアプローチから勉強を始めるのがセオリーです。

そういった全体を見ずに細かな対策を始めても大きな成果を望むことはできません。実際、そういった就活生が多いので、むしろ、チャンスと考えると良いでしょう。

今年も就活の時期。

電車などで就職説明会などに参加しているだろうリクルートスーツ姿の学生(就活生)を見かけるようになりました。

就活というのは、就職活動の略であり、その中身は就職試験です。就職試験ですから、資格試験同様に受験のコツがあります。就活試験では、筆記試験などもありますが、やはり最も重要になるのは面接試験。

ということで、面接試験対策はたいへん重要なものですが、一つ注意をして欲しいことがあります。それは、面接試験では中身も大切ですが、外見も見られているということです。

社会人であれば第一印象というものがビジネスを行う上で極めて重要であるということは理解していますか?社会人に求められる最もコアなスキルはコミュニケーションスキルなのですが、そういったコミュニケーションを築く大前提として「第一印象」は大切なもの。

第一印象を決めるのは、外見ですが、特に就活生はスーツなどがポイントです。特に、スーツをどう着こなすかということは興味深いところですが、その答えは「普段からスーツを着る」ということです。

スーツというのは不思議なもので、普段から着用している違和感がないのに、普段はジーンズを着ている人がスーツをたまに着用するとやたらに違和感を覚えるものです。

リクルートスーツに着られるのではなく、スーツを着こなすようにして欲しい。就活対策として、スーツを普段から着ることも就職試験対策の一つなんだということを知っておいてください。

ガリガリ適正試験などの筆記試験対策を行うが就活対策ではないのです。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ