基本編 - のブログ記事

資格試験の勉強をしてもなかなか思うように点数が伸びない、という悩みを抱えている受験生も多いようです。

そのため、途中で挫折してしまう。

実際には、繰り返しコツコツ勉強をしていれば実力は「必ず」アップします。アップしないはずがない。しかし、そのアップのタイミングには個人差があるということです。

やればやった分だけ早い段階で成果を見ることができる受験生もいれば、後になってじんわりと成果に繋がる受験生もいる。

どっちが良い悪いということではなく、「タイプ」の問題なのです。

もちろん、前者の「やった分の跳ね返りが早い」方が挫折感は少ないでしょう。だからといって、このタイプの人が頭が良いということでもない。

むしろ、後者のじっくり型の方が急激に伸びる、その瞬間があるものです。

の続きを読む »

結局、資格試験に合格するためには「問題を繰り返し解く」という基本的なセオリーを守るのが最も近道なのです。それ以外の全てはテクニック的なことであるとある程度は割り切っても問題ありません。

もちろん、「どのような問題を解くのか」「どのように解くのか」といったことに関しては様々な方法論があるわけですが、結局は普通に書店で売られているような問題をひたすら解いてきた人は強いということがいえます。

とすれば、どのような問題が良いのか、どのように解くのかということは方法論であって、核心的な部分ではありません。

資格試験における核心とは、「問題を繰り返す」ということに尽きるのです。

しかし、これが何よりも難しい。人間と言うのは、同じことを繰り返すと言うことに対する苦痛は並大抵のことではありません。相当な苦痛を伴うのです。

要するに、攻略したゲームを何回も繰り返してエンディングを迎えることと同じことなのですから。しかし、そういった同じゲームであっても繰り返すことで様々な発見を得ることができる。

の続きを読む »

資格試験に合格するために最も重要な問題は何か?と聞かれれば、それは「過去問」以外にはありません。

「過去問に始まり過去問に終わる」という名言も資格試験には存在しています。

要するに、過去問題をいかに解くことができるかで資格試験の合否が決まるとぃうことなのですが、その理由は簡単です。

どのような資格試験であっても、出題構成を見ると「過去問題がベース」になっています。ベースと言うのは、いわゆる合格ラインに相当する程度の出題を占めている。

つまり、過去問題をしっかりと解いておけば、それだけで合格することができる資格試験が多いということです。例えば、宅地建物取引主任者や社会保険労務士試験などはほとんどが過去問題から構成されています。

の続きを読む »

資格試験を受験している受験生から多い悩みとして、「記憶力が悪い」というものがあります。これは、女性の資格試験受験者からもよくある相談のようです。

その場合、そもそも聞きたいのですが、「誰と比較しているのですか?」。このような問いに対する回答は、隣のAさんなどという回答があります。

では、そのAさんは覚える努力をどのくらいしたか聞きましたか?

ここが肝心な点です。Aさんの覚えた結果だけを抜き取って見てみても、Aさんがあなたよりも記憶力が良いということにはなりません。例えば、Aさんとあなたが全く同じ条件で勉強をして、Aさんの方が記憶している量や確度が高いのであればAさんはあなたよりも記憶力が良いと言えるかもしれません。

しかし、おそらくAさんはあなたの数倍の努力をしているのではないでしょうか。あなたが1回しかやらないところを、Aさんは3回~5回やっているのではないでしょうか。ただし、Aさんにそれを尋ねても本当のことを教えてくれるとは限りません。人と言うものは、勉強をしている事実をできるだけ隠そうとします。昨日は全く勉強できなかったよ~と言いながら充血した目のAさんがいるかも知れません。

そもそも、人間の記憶力はそれほど大きくは変わりません。記憶力が高い人と言うのは、繰り返し継続して覚える訓練、すなわち勉強をしているから記憶力が高いのです。つまり、裏で努力しているわけです。

記憶力が悪いと悩む前に、繰り返し覚えるための訓練をしてみてください。嫌になるほど繰り返せば、どんなに記憶力が悪いと信じ込んでいる人でも自動的に覚えることができます。

合格者はそれができる人なのです。

資格試験の本試験日は決まっています。本試験日は動いてくれません。ですから、本試験日までにしっかりと勉強を一通り終えて、調整を行っておく必要があります。

そして、本試験の時間も決まっています。本試験の時間は延長されることは一切ありません。自分にとって簡単な問題が出題されていたとしても、時間がなくなって解く事ができなければそれで合格から遠ざかってしまいます。

あともう少し時間があれば全部できたのに!は資格試験の本試験では通用しません。しかも、時間切れというのは非常にもったいない話なのです。ですが、このような状況を招いてしまうことは実は少なくありません。

本試験と言うのは普段できることが普通にできなくなる場なのです。極度の緊張や不安など、精神的に通常のレベルを維持することは困難です。ですから、いつもできることが本試験の場ではできなくなってしまう、ということは普通にあり得ます。

これを回避するためには、日頃からしっかりと時間間隔を意識しておく必要があります。具体的には、過去問を本試験の時間と同様の時間を設定して解いたり、問題集などを時間通りに行うなど、時間と言う意識を日頃から持っておくことが必要です。

本試験でどうしても緊張しそうな人は、資格学校などが実施する公開模擬試験などに参加するのも一つです。模擬試験では予想問題なども出題され、得点もフィードバックされますので、オススメです。どのような受験生が自分と同じ資格試験を勉強しているのか、そんな様子を見ながら擬似的な本試験を体感することもできます。特に、独学の人は時間を計って問題を解くという機会が少ないので公開模擬試験などに参加することはおすすめです。

時間間隔というのは慣れの部分が大きいですから、まずは時間を意識すると言うことを習慣化してみてください。それは、今日は何時まで勉強する!と決めて、その時間まで集中して勉強するなど、いろいろな方法で使うことができます。全受験生に完全平等に与えられているものが時間です。時間を有効に使うことができれば、資格試験には有利なのです。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ