応用編 - のブログ記事

資格試験には、たくさんの科目を勉強をしなければならないものが一般的です。1つの科目だけであればそれだけを集中して取り組めば良いのですが、複数の科目となると、頭がごちゃごちゃすると言う受験生も少なくありません。

この場合、まずは1つの科目ずつしっかりと押さえていくことがポイントです。いずれは、複数の科目を抑える必要がありますが、他の科目のことをそれほど深く意識する必要はありません。

今取り組んでいる科目の勉強をしっかりと行っていく。イメージ的には、科目ごとに勉強する内容は異なるわけですが、つなげると一つの科目になるような感じです。そうすれば、単に一つの科目のボリュームが多いのと同じことになります。

科目の違いにあまり囚われすぎると、得意科目・苦手科目と言う存在に自分で気がついてしまいます。そして、結果的にそちらに意識が引っ張られることになってしまうのです。

これでは、自分で自分の首を絞めているのと同じことです。

の続きを読む »

資格試験の勉強を資格学校が提供している通信講座や通信教育、通学講座などで進めいてる人には、定期的にテストが到着すると思います。(あるいは、一括して最初の配本の際にテストが同梱されています)

資格学校の通学講座に通っている人は、講義にしっかりと参加していれば資格学校のカリキュラムに基づいて定期的にテストや試験を受けることになりますので大丈夫ですが、通信講座や特に独学の人は注意が必要です。

通信講座の場合には、テストや試験が送られてきても実施しない(実施しても返送しない)人が多いようです。また、独学の人は実施すらしない人がいるようですが、これらは非常に危険です。

資格試験に合格するためには、本試験の問題をしっかりと解くことができる力が必要です。本試験ではいつもより緊張している状況の中で問題を解かなければならず、本来は解けるはずのものが極度の緊張によって解けなくなってしまう、素直に考えれば良いものを複雑に考えてしまう、などの理由により失点をしてしまうことが多いのです。また、時間切れという事態を招いてしまうことも増えています。

これを回避するためには、テストや試験を定期的に体験することで、慣れおくということをする以外にありません。本試験ではしっかりとできる、と思わずに、普段からしっかりと体験して慣れておくようにすることが必要です。

ですから、たまにはテストを時間を計って受験するようにしましょう。テストを受ける意味は、良い点数を取ることではありません。時間の感覚を身につけたり、問題を解く順序を決めたり、本試験を平常心で受験することができるための実力を養うことが目的です。

もちろん、点数がよければそれに非常に良いことですし、点数が仮に悪かったとしても自分の課題が明らかになりますので、今後の勉強の指針が明確になります。普段できないことは本試験ではできるとは思えません。そのようなことを本試験に期待しても仕方ありません。日頃からしっかりとテストや試験を受験してなれておくようにしましょう。

資格学校が提供するテストや試験は良問が多いので、受験対策上もテストや試験を繰り返し解いておくことは非常に有用です。勉強方法として問題を繰り返し解くことをオススメしていますが、このテストや試験の問題も有効に使うようにしてください。

また、テストや試験を自分のペースで受験していく場合には、しっかりと計画を立てておき、自分が決めた日にはしっかりと実行するようにしましょう。そうしないと、いつになってもテストを受けることができなくなってしまいます。ここら辺は自己コントロール力が求められるところです。

資格試験の勉強を考えたときに、机に向うだけが勉強ではありません。確かに、ガリガリと机に向って覚えたりする作業も重要ですが、机から離れた勉強も時には非常に役立ちます。

資格試験にもよりますが、勉強内容と実務(実践)がかなりリンクしている内容のものもあります。例えば、販売士検定試験や中小企業診断士試験などは、現場からの出題も多く、勉強内容と実践的知識がかなりリンクしています。

このような資格試験の場合には、現場を見ることで勉強に役立つことが多いと言えます。例えば、実際に買物に出て、販売員の対応を見たり、店舗の仕組みを見たり、経営を自らの目で見て感じることで机に向って勉強していることが、現実の世界でどう生かされているのかを把握することができます。

もちろん、経営に関する以外のことでも机に向うことがだけが勉強ではありません。例えば、法律系であれば新聞を読むというのも非常に勉強になります。資格試験ではタイムリーな話題が本試験問題として出題されることも多く、特に新聞で話題になっている内容は出題される可能性が非常に高いと言えます。

例えば社会保険労務士試験では、常識という科目がありますが、新聞で話題となっていることが出題されることも多く、また、法改正が頻発する保険や年金の内容は、新聞を読むことでかなりカバーできることも多いのです。

資格試験ではありませんが、公務員試験についても、時事問題などは新聞等での情報収集が大変役立ちます。

もちろん、上記に挙げた資格以外でも、基本的にほとんどの資格試験が実務とリンクした内容をその出題内容としています。ですから、机に向うだけではなく、時には気分転換に外に出てみることも資格試験の勉強と言えるのです。

図書館で専門的な本を読むくらいの余裕もたまには欲しいところです。机に向っていては分からないことが、少し気分を変えたり、場所を変えることで急に分かるようになることも多いのです。

勉強は机に向っていなくてもできるのです。合格に遠回りと思っていたことが、実は近道だったりすることも多いのです。

資格試験の勉強している人は忙しい人が多いものです。なぜか、忙しい人に限って資格の取得を目指したり、何らかの事情により取得しなければならないことがあります。

忙しい中で資格の勉強をする場合、他の人に比べて勉強時間が限られているということが前提になります。この場合、自宅(家庭)でしか勉強できないというようなことは言っていられません。

いつでも、どこでも勉強ができるようにしておく必要があります。つまり、隙間時間を有効活用して、移動中などに勉強する訳です。

もちろん、車を運転しているような状況の中ではいくら移動中といっても危険ですから、ここでは電車による移動やちょっとした空き時間を有効に活用する方法を考えてみます。

まず、自宅(家庭)の方が勉強が捗るという人もいれば、逆に家に帰ると子供がうるさいなど理由で勉強が捗らない人もいます。いずれにしても、多くの人は自宅での勉強が中心になります。

この場合、自宅と移動中に上手く勉強内容をリンクさせることがポイントです。最も効率の良いのは、自宅で勉強した内容を移動中に復習する方法です。

具体的には、昨日自宅で勉強した内容について、次の日の朝あるいは昼の時間や移動中のちょっとした隙間時間(空き時間)に復習を行う。こうすることで、脳に同じ信号が続けて2回流れますから、記憶に残りやすくなります。

勉強の基本は記憶することです。そして、記憶は繰り返すことでより強固なものとなります。是非、移動中などの隙間時間を有効活用してみてください。勉強は自宅以外でもできるようになっておくと、後々非常にメリットがあります。

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ