公務員受験生は今の時期はようやく筆記試験から解放されて、今度は面接対策に躍起になっている受験生も多いのではないでしょうか?

 

特に、最近の公務員試験では人物重視の傾向が強く、筆記試験以上に差が付くといっても過言ではありません。しかし、筆記試験にくらべてほとんど対策を行っている受験生がいない!というのがまた不思議なところ。

 

そんな受験生へ、東京・新宿で公務員面接対策講座が、7月15日に実施されます。

 

今の時期は、東京都特別区(23区)の試験真っ盛りですから、合格を確実にしたい受験生は参加してみたらいかがでしょうか?

 

参加にはいくつかの要件がありますので、確認してください。

 

東京23区(特別区)受験生オススメ-東京・新宿で公務員面接対策講座開催

国家公務員試験は平成24年度実施分(つまり今年分)から新採用試験へと移行します。

これによって、今後の公務員の受験戦略はどのように変わるのでしょうか?

今までは、筆記試験で高得点を狙い、面接試験は無難にこなすというスタイルでした。しかし、新採用試験の導入により、面接試験を無難にこなすということでは確実な合格を狙うというのは難しそうです。

従って、筆記試験で上位を狙い、かつ、面接試験でも上位を狙うということになります。

国家公務員に限らず、公務員受験生は面接対策が苦手という受験生が圧倒的に多くなっています。

筆記試験は今まで通り上位を狙うとして、面接試験は早めに着手することが最も大切でしょう。実は、志望動機というのは考える時間は本当に多くの時間が必要になります。

実際に合格者も口をそろえて、志望動機作成が大変だったといっています。

だからこそ、必要であればマニュアルを購入して早めに準備をした方が良さそうです。

マニュアル紹介 ⇒ 志望動機の作り方マニュアル

今のお金は将来への投資ですから、あまりケチらずに必要なものは購入するようにしてください。最後の最後でダメだったら、一生が台無しですから。

国家公務員試験が他の公務員試験に先行して実施されています。

これは毎年のパターンで、国家公務員試験の後に、県庁などの地方公務員試験、その後は各市町村の地方公務員試験が実施されていくことになります。

国家公務員試験は平成24年度から改正されることが以前から決まっていました。

その胆になる部分は、【人物評価重視の傾向】というものです。今までのように、筆記試験で高得点を取って、面接試験では普通にこなすという戦略はなかなか通用しないかも知れません。

そんな国家公務員の総合職(国家Ⅰ種)の第一次試験合格発表が先日行われました。細かい情報発表はまだですが、昨年並みの推移であると想定されます。

しかし、今年は国家公務員の削減話が花を咲かせていたということもあり、面接試験では狭き門になるということが予想されます。

面接対策の重要性は今まで以上に高くなると考えて間違いないでしょう。

なお、国家公務員の面接対策は、地方公務員の人物重視の対策と同じように、「志望動機の確立」が最大の肝です。

志望動機が中途半端では勝負になりませんので、自分のことを整理して未来に繋げるということを早い段階で行う必要があるでしょう。この辺は、民間企業の就職試験と同じであると考えることができます。

実際に合格した人のHPは参考になります。

国家公務員の志望動機作成法

NLPという理論(学問)が注目されています。

NLPは、所定のセミナーに参加することでNLP資格を認定されるのですが、NLPは資格取得が人気というわけではなく、NLPで学ぶことができるスキルが人気なのです。

そもそも、資格を取得する人の目的として、「資格を取ればそれほど営業的なことをしなくても仕事になる」というものがあります。もっと言えば、営業が嫌なので資格を取って士業を目指すわけです。

しかし、士業というのはそもそも論で「サービス業」なのですから、営業力がなければ顧客を掴むことができません。

資格をとっても食えないというのは営業力がないということがほとんどです。

ただ、資格を持つ専門家にとっての営業というのは、根性論でガンガンお客さんに攻めるということでもなく、頭を下げてお願いすることでもありません。顧客とのコミュニケーションが全てなのです。

NLPは魔法のコミュニケーションスキルを身につけることができるため、大人気なのです。それは資格としてではな、スキルとしてです。

一生使える財産であるコミュニケーションスキル。

あなたも資格に合格したら是非学んで欲しいと思います。

 

資格試験というのも、時代の流れに沿って改訂されることがあります。

最近では、弁護士や公認会計士など大型難関資格試験でも試験制度改正の大きな動きがありました。これは、弁護士や公認会計士を増やすという目的のもと実施されたものですが、その結果といえばあまり好ましいものではありませんでした。

そうなると、資格試験の試験制度改訂というのはあまり良いイメージがないのですが、他の資格試験でも改訂の動きはあります。

 

最近では、販売士検定の3級で試験制度改訂の発表がありました。販売士検定といえば、検定という名前でありながら、主催団体が「日本商工会議所」ということもあって、公的な資格という位置付けです。

今回、3級販売士試験の改訂ポイントとしては、

①試験時間の短縮

②公式ハンドブックの改訂

 

上記のうち、注目すべきは試験時間の短縮です。試験時間の短縮が、合格率にどのように影響を与えるのか、第70回の3級販売士検定は平成24年7月実施ですから、そこでの結果をみてみたいと思います。

上記の、3級販売士検定の試験制度改訂についての詳細は、

第70回(平成24年7月14日実施)販売士検定3級本試験より試験制度が改訂されます

アーカイブ

ブログランキング

  • SEOブログパーツ